2017年度中間報告書

確かな実績を継続

2017年7月28日、レットフォードにて

多様なエンジニアリンググループであるラングレー・ホールディングスplcは、2017年6月30日までの上半期の税引前利益を45.7百万ユーロ、売り上げを422.6百万ユーロと報告した。


上半期ビジネスレビューでトニー・ラングレー会長は、この結果について「期待通りであり、満足できるものである」と述べた。そして、年間では税引前利益116百万ユーロ、売上967百万ユーロを見込んでいるとのことだった。


ラングレー会長は、全5部門が期待通りの成果を上げたこと、また、直近で買収した、テキサス州の運動エネルギー貯蔵装置の専門企業であるアクティブ・パワー社が、この期間ピラー社の組織にうまく組み込まれ、すでにピラー部門の結果に貢献していると述べた。


グループはこの上期を、315百万ユーロの受注残、606百万ユーロの純資産、そして297百万ユーロの現金および無借金という結果で締めた。


2017年度中間報告書のダウンロードはこちらから。