InLineCoating

InLineCoater 

インラインでのコーティングは30年以上に渡って受け継がれてきました。初期は表面の保護を主な目的としていましたが、やがて印刷物購入者はその技術に対して低価格でできそうな、さまざまな効果に関心を持ち出しました。マットやグロスや光沢効果は強力な宣伝効果を発揮し、さらにワンパスのインラインですべてが可能となったのです。ローランドのインラインコーターは歴史に刻まれたのです。

アプリケーション

インラインコータースマート

インラインコーティングは、パッケージ印刷会社では今や一般的となり殆ど全ての仕事にコーティングしています。商業印刷の会社も、インラインコーティングに興味を持ち始めていますが、たまにコーティングを使用する程度で、延長デリバリー付きコーターの費用を別途かけるのは、あまり合理的でないかもしれません。ローランドのインラインコータースマートは、用紙や薄い板紙に必要なときに簡単に水性コーティング(表面保護とマット又はグロスコート)できるよう特別にデザインされており商業印刷市場に最適です。

印刷ユニットに搭載されたローランドインラインコータースマートは、印刷からコーティングに移行するのも、その逆も、短時間でできます。この機能は、R700(反転機含む)の最終印刷ユニットに搭載できます。IR/熱風乾燥システムは、標準デリバリーに合うように特別に改造されたもので、乾燥を確実にします。