ROLAND 200

限られたスペースにおける最大のアウトプットを実現

ローランド200は、標準的な小型サイズの印刷機が占める同等のスペースで、二倍の仕事をこなします。

設置場所の条件が良ければ、ローランド200は5色機まで、組み立てた状態で出荷可能であり、搬入後、非常に短期間で生産を開始することができます。

たった5.4m(長さ) x 2.9m(幅)サイズのローランド200は、限られたスペースでの設置が可能で、菊半サイズの印刷機としては、一台で0.04mmから0.8mmの厚さの被印刷材料に印刷できる唯一の機械です。厚紙用の装置を搭載すれば、用紙搬送は飛躍的にスムーズになります。

5色機と6色機では、インラインでの様々な高付加価値加工が可能となります。例えば、インラインで、コーティング、すじ押し加工、ミシン目加工が可能です。