パッケージ業界で発達してきたソリューション

150年余に渡り、パッケージ印刷会社はマンローランド印刷機の印刷技術の安定感、精密さ、実績の確かさに信頼を置いてきました。

マンローランドの細部まで行き届いたソリューションは、パッケージ業界が抱えるあらゆるニーズに対応するよう磨き上げられています。それは、お客様からのフィードバック、広範囲に渡る知識、徹底的な研究などを通して発展してきたものです。その結果、ローランドインラインフォイラーのように、流れを変えてしまうような技術が、世界中のパッケージ印刷会社の印刷の可能性を押し上げたのです。

R700ダイレクトドライブやR700ハイプリントといったローランドの印刷機は、多様性と信頼性において評価されており、業界の標準設備となっています。ほかにも、生産効率の高い機械として、菊半サイズのR500、菊全サイズのR700、そして特殊な0B+や3B+のサイズがあり、毎時18,000枚までの生産が可能です。

パッケージ業界に対応するローランド機は、お客様のご要望に合わせて幅広いカスタマイズが可能です。例えば典型的な例として、R708LVなどは、印刷品質を高めるものとして、高付加価値効果の高いインラインコーティングユニットがついています。

大型サイズとしては、A倍、菊倍サイズのR900があり、毎時16,000枚までの印刷が可能です。

パッケージの仕事がどのようなものであれ、ローランド印刷機はそれに呼応してカスタマイズされ、期待以上の品質をお届けします。